使い道豊富!今人気のココナッツオイルの効能をまとめました。

●使い道豊富!今人気のココナッツオイルの効能をまとめました。

《写真》

●ミランダ・カー絶賛!ココナッツオイルが凄かった!

海外で大人気のココナッツオイルはミランダ・カーも愛用中です。

《写真》

ミランダ・カーはオーストラリア出身の超人気モデルです。

ミランダ・カーがこぞって愛用しているのがココナッツオイル。
生粋のココナッツオイルラバーです。

いろんなアレンジを楽しみ、1日に大さじ4杯は摂取しているのだとか。
ココナッツオイルは緑茶等の飲み物に混ぜたり、サラダにかけたり
使い道が豊富なんです。

●ココナッツオイルの効能が凄すぎて「世界ふしぎ発見!」でも紹介されました。

《写真》
「効能が凄すぎる」と話題のココナッツオイルは、
オリーブオイルの効能を超えるということで、
世界ふしぎ発見!にも取り上げられました。

ココナッツオイルは、冷え性、便秘解消など様々な効能があるんです!!

今回は、使い道豊富!今人気のココナッツオイルの11の効能をまとめてみました。
●効能が凄すぎる!ココナッツオイルの押さえておきたい11の効果

《写真》
○効能・効果その1. ダイエットに効果的

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、
食べたら痩せる魔法の油なんです!!

→中鎖脂肪酸とは・・・

エネルギーになりやすい油で、一般的な食用油の脂肪酸とは異なります。

一般の食用油は体に吸収された後、様々な場所を経由し、分解されたり貯蔵されたりします。
これだと、必要に応じてエネルギー分解されるのですが、
中鎖脂肪酸は体に吸収されると肝臓に運ばれ、すぐにエネルギー分解される為、
エネルギーになりやすいんです。
《表》
中鎖脂肪酸は動物性脂肪の燃焼を手助けしてくれる脂肪酸です。

体内に蓄積されている体脂肪を減少してくれる効果も期待できるので、
太りにくく、ダイエットに効果的!!

食品の中で中鎖脂肪酸が一番含まれているのはココナッツオイルなんです。
→もう一つ覚えておきたいのが「ケトン体回路」

「ケトン体回路」
聞きなれないかもしれませんが、重要なポイントです。

人は体を動かすとエネルギーを消費しますが、そのエネルギーは
何かご存じですか?

エネルギーの素となるものは2つあるのですが、
1つがご飯や麺類等炭水化物から補っている「ブドウ糖」で、
もう1つが「脂肪」です。
ブドウ糖から優先的にエネルギーとして使われていくので、
体内に過度にブドウ糖があるとなかなか脂肪はエネルギーとして使用されません。
痩せにくいメカニズムはココにあります。

脂肪がエネルギーとして使われず、減らないので、
痩せたくても痩せにくくなってしまいます。

その上、ブドウ糖が体内から減少すると…脳は
お腹が空いたと思ってしまいます。

すると…脂肪が分解されないまま次の食事を摂るので、脂肪は増加し
痩せにくいという負のスパイラルに陥ってしまいます。

その負のスパイラルを断ち切るのが「ケトン体」なんです。
ココナッツオイルは体内に吸収されると、
体内のブドウ糖をケトン体に変える性質を持っています。

体内のブドウ糖が減少するので、エネルギー源として
脂肪が使わるので、痩せていきます。

これが、ココナッツオイルを摂取すると痩せるメカニズムです。
○効能・効果その2. 便秘に効果的
便秘になるということは腸内環境が整っていない証拠です。
ココナッツオイルは小腸にある腸絨毛に浸透し、腸内をお掃除してくれます。

便秘が続くと吹き出物が出来たり、不眠やイライラ、病気になってしまうこともあります。
肥満にも繋がりますね。

便秘を解消することはダイエットにも効果的ですし、
体だけでなく、心も健康になります。

積極的にココナッツオイルを摂取し、便秘解消に努めましょう!!
○効能・効果その3. コレステロール値を下げるのに効果的

一般的な脂肪は体内に吸収されると体脂肪になったり、コレステロールに変化します。

ですが、ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸はコレステロールに
変化する事がすくないので、コレステロール値も上がりません。

オリーブオイルは善玉コレステロールを増やし、
悪玉コレステロールを減らすと言われていますが、
ココナッツオイルもオリーブオイルと同様の効果が期待できます。

摂取量には注意が必要です。
何事にも”適量”が存在します。

ココナッツオイルがどんなに万能と言っても油ですので、
摂取量には気をつけましょう。
→善玉コレステロール・悪玉コレステロールとは…

善玉コレステロールと悪玉コレステロールは真逆の働きをしています。
善玉コレステロールが体のあちこちに貯まったコレステロールを
一生懸命集め、肝臓に運ぶのに対して、
悪玉コレステロールは体のあちこちに肝臓のコレステロールを
一生懸命ばらまきます。
悪玉コレステロールの働きが動脈硬化の原因を作ってしまいます。
○効能・効果その4. 糖尿病の予防・改善に効果的

糖尿病はインスリンが上手く作用しなくなってしまうことで
発症してしまいます。

インスリンが上手く作用しない事をインスリンの抵抗性といいます。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には
インスリン抵抗性を正常にしてくれる作用があります。
内臓脂肪の蓄積も抑えてくれる効果も期待できます。

一般的な食用油は糖尿病の発生リスクを高めます。
普段から質のよい油を摂取するよう心がけましょう。
○効能・効果その5. 心臓血管疾患のリスクを下げる効果

心臓血管疾患といえば少し難しく感じますが、
狭心症や、心筋梗塞を指します。
この2つの疾患が起きる原因は動脈硬化です。

先程、悪玉コレステロールが動脈硬化の原因を作ると
お話しましたが、ココナッツオイルを摂る習慣のある地域では、
心臓血管疾患の方は少ないそうです。

→動脈硬化とは…

文字の通り、動脈が硬くなることです。
動脈が硬くなると、血液を上手く送りだせなくなり、心臓に負担がかかってしまいます。

○効能・効果その6. 免疫力を高めるのに効果的

ココナッツオイルには「ラウリン酸」が含まれており、
このラウリン酸には抗菌作用があるため、
様々なウイルスに効果的と言われています。
インフルエンザや黄色ブドウ球菌、インフルエンザなんかにも
効果があります。

○効能・効果その7. シワや美白、くすみに効果的

トコトリエノールという成分がココナッツオイルには含まれており、
その”トコトリエノール”にはエイジング効果が期待できます。

→トコトリエノールとは…
強力なエイジング作用を持つビタミンEの種類。
別名、「スーパービタミンE」とも呼ばれ、
シミやシワ、毛穴の引き締めなど、美容系の効果があります。

又、コレステロール値も下げてくれるので、
動脈硬化予防にも期待が出来ます。

トコトリエノールは体内に吸収されると、皮膚に行き渡るので、
紫外線などによる酸化から皮膚を守り、アンチエイジング効果を発揮してくれます。
○効能・効果その8. 代謝アップや甲状腺機能の改善に効果的

一般的な食用油は摂取すると、甲状腺の機能を下げ、代謝が悪くなります。
多価不飽和脂肪酸をあまり摂らないようにしましょうと言われる一つの理由です。

甲状腺機能が低下すると肌荒れをおこしやすくなります。
体には、むくみやくすみを感じ、抑うつ、無気力等、心身共に様々な症状が出てきます。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は甲状腺機能の改善にも役立ちます。
甲状腺機能が改善されると代謝も上がるので、ダイエットにもいいですね!
○効能・効果その9.アトピーに効果的

ココナッツオイルは食べる以外にも使い道豊富!!
体に塗ってもいいんです!

免疫力を高めるお話をした際にココナッツオイルのラウリン酸が抗菌作用がある
とお伝えしましたが、塗布した場合でも効果は期待できます。
塗り薬としても効能が期待できるココナッツオイル!
食べるだけじゃないんです!!

○効能・効果その10. 活性酸素を除去する効果

人間はたえず呼吸をしています。
酸素を吸って、二酸化炭素を吐いているわけですが、
その時に「活性酸素」が発生します。

活性酸素は全ての病気の根源と言われる程の悪者なのですが、
人間は老いる理由は活性酸素が発生するからです。
細胞を傷つけ、病気や老化を運んできます。
とても有害な成分なのですが…
ココナッツオイルはケトン体の働きによって、この活性酸素を除去してくれます。

老いや病気の原因である活性酸素を除去してくれるココナッツオイル!
毎日摂取したいですね。
○効能・効果その11. アルツハイマーや認知症の予防・改善に効果的

アルツハイマー型認知症は脳細胞が栄養をうまく吸収できなくなり起こります。
脳の栄養はブドウ糖なのですが、ブドウ糖に変わる脳の栄養源として注目されているのが
ケトン体です。
ケトン体はブドウ糖が吸収されにくくなった脳細胞にも効率よく栄養を
与える事が出来るとされています。
それにより、脳細胞の機能低下を抑制し、アルツハイマー型認知症の予防・改善に
効果があるとされています。

●ココナッツオイルの効能効果が凄すぎて笑いがでます
《写真》

こんなにココナッツオイルの効能効果があるだなんて…
摂るしかないですよね!?
●ココナッツオイルはヴァージンココナッツオイルを購入!

“ココナッツオイル”と名のつくものには種類があります。

今までお伝えした効能効果が期待出来るのは、ヴァージンココナッツオイルだけ!!

《写真》

オリーブオイルも”エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル”が
いいとされていますよね??
ココナッツオイルも同様です。

ヴァージンココナッツオイルが質が良く、新鮮なココナッツオイルなので、
効能効果が期待できます。
●朝から実践!!超簡単朝食レシピでココナッツオイルを手軽に摂取しよう

ココナッツオイルのレシピは沢山ありますが…
だれでも簡単に出来るココナッツオイルのレシピを1つご紹介します。

○朝食に最適!ココナッツオイルはちみつトースト

1.食パンにバターを塗り、トースターで焼きます。

《写真》

2.きつね色になるくらいこんがり焼けたらお皿に移動!!

《写真》

3.ヴァージンココナッツオイルとはちみつを用意。

《写真》

4.ココナッツオイルをお好みの量かけます。

《写真》

5.はちみつを最後に少量たらし完成!!

《写真》

簡単にココナッツオイルを摂取できる食事の出来上がりです。

他にもドレッシング代わりにサラダにかけたり、
緑茶などの飲み物に混ぜて摂取するのも手軽でオススメです。
ですが…
●レシピが豊富でもココナッツオイルばかり毎日食べられない…

どれほどココナッツオイルが体に良いと知っていても、
毎日食べるというのは難しいですよね。

ココナッツオイルをコーヒーに入れて飲むという方法が
「世界ふしぎ発見!」では紹介されていましたが、

ココナッツオイルはミキサー等で柔らかくしないと、
硬くて食べれません。

毎日、ミキサーにかけるのはしんどいですね。
これでは毎日続きません。

《写真》
●サプリメントでココナッツオイルが摂れる商品を発見!!

ココナッツオイルオイルはテレビで紹介されてから爆発的な人気。
売り切れている所が多く、入荷まで2ヶ月弱待ちです。

毎日摂取するのは面倒くさいなーと思っていた矢先に
見つけたのが、ココナッツオイルのサプリメント!!

サプリメントはすぐ買えるみたいなので、
早速注文してみました。

《写真》

もちろん、ヴァージンココナッツオイル使用のものです。
サプリメントになっても栄養価はそのまま配合されています。
人の手を加えず、一番新鮮なモノをサプリメントに使っているそうです。

《写真》

ココナッツオイルが固められているだけなので、色白です。
新鮮なものを使っている証拠ですね!

《写真》

サプリメントなら調理の必要がないので、
いつでもどこでも手軽に摂取できますし、持ち運びにも便利です。

1日で6~9粒の摂取が目安のようです。

《写真》
毎日ミキサーを脱必要もないので、手間もなく続けられそうです。
これなら、ココナッツオイルダイエットがはかどります。

⇒私が飲んでいるココナッツサプリメントはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>